2016年秋に登場する新型MacからAdobeCS6が使えなくなります。購入は夏までに。

今使用しているMacが古くなってきたのとスペックが足りなくて動きが悪いので、新しいMacの購入する検討をしていたらこんな情報が…

「2016年秋に登場する新型MacからAdobeCS6は使えなくなりますよ。」

と同業者さんが教えてくれました。

えぇぇぇぇぇぇええええええ!?

AdobeCS6を使用している私には衝撃な情報です。

WWDC2016にて発表されたmacOS Sierra

6月のWWDC2016を見た方はご存知かもしれませんが、新型Macの登場はなかったもののmacOS Sierraの発表はありました。そして今秋…発売されるかもしれない新型Macに搭載予定とのこと。

でもなぜmacOS SierraではAdobe CSが使えないのでしょうか。

 

これはOS X El CapitanまでしかJAVA6をサポートしないため、Adobe CSシリーズには対応せず、サブスクリプション(課金制)のCC(Creative Cloud) がその代わりになるということです。(参考記事:http://applech2.com/archives/45349646.html)

引用:りんごときらら

なんと。そうですか。JAVA6をサポートしない。ふむふむ。てかJAVA6???
(今度AppleStore行って聞いてこようかな…。)

ということで今CS6を使っている方へのアナウンス、

macOS SierraからAdobe CSが使えなくなります。

macOS SierraからAdobe CSが使えなくなります。

大事なことなので二回言いました。

新しいMacの購入を検討している私の場合、Adobe CS 6を使用するためにmacOS Sierra搭載前のEl CapitanのMacを購入する必要がある。もしくはCCに切り替えるのどちらかです。
出来ればCS6を長く使いたいので秋までにMacを購入するが一番良いかな~。と思っています。CCにはいつでも移行できますからね。いくら全てのアプリケーションが使用できるといっても正直、Creative Cloudコンプリートプランの4,980円/月はしがないフリーランスには高いです。全部のアプリケーションを使うわけじゃないのでライトプランが欲しいです。Adobeさん。
またキャンペーンしないかな…。

AdobeCS6を使用している方はMacの購入を夏までにはしてくださいね。

Macの購入は秋葉館オンラインショップにてお得に。見積もりはもちろん、大手家電量販店ではしてくれないMac全シリーズでアップルCTOカスタマイズが可能。スペックの変更(Apple CTOモデル、当店でのメモリー追加または変更、ハードディスクの増設または変更等)を相談できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です